閉じる
同 人同人コミック

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

もっと見る

【内容紹介】池田新一は三十歳の塾講師。受け持ちの生徒である桐山瑞希に、屈折した情欲を抱きつつも、なんら行動には移せない、気弱な性格をした男であった。だが新一はある日、瑞希の体操服を偶然手にする。そして彼は魔が差したのか、その服でオナニーをしてしまう。「……なにをやっているんですか? 先生」体操服オナニーが瑞希にバレた新一は、彼女にまったく逆らえず、なにもかも言いなりになってしまう。瑞希の前でオナニーをさせられ、あるいは瑞希にペニスを踏まれ――しかし二人の関係はやがて変化していき、次第に淫らなセックス三昧の日々となる……。本編文字数約24300字。グロ、鬼畜等の描写はありません。【本文サンプル】「はあ……」 瑞希は嘆息しつつ、冷たい視線を送ってきた。「先生、なんであんなことをしたんです?」「なんで、って……」「先生って、大人ですよね。大人が、私の体操服で興奮しちゃうんですか?」 蔑んだようなまなざしが、新一の心に突き刺さる。「……その、私、まだ、そういう経験は、ありませんけど」 瑞希は顔を赤らめて、目をそらしつつ言った。そういう経験――恐らくセックスのことだろう。彼女はまだ処女ということだ。「――ですけど、先生がやっていたことの意味は分かります。自慰行為のこと、保健の授業で習いましたから」「…………」「本当に最低ですよね、先生って」 突き放すような声音。 返す言葉もなく、新一はさらにうなだれた。★「あっ……」 瑞希が小さくうめいたが、それは無視する。――セーラー服をたくしあげ、さらに、出てきたジャンパースカートの上のボタンも丁寧に外し、それから登場した白いカッターシャツのボタンも、ひとつひとつ、素早く、だが確実に外していく。 シャツは少し、汗ばんでいた。ボタンをすべて外してから、カッターシャツをはだけさせると、汗と女の匂いが広がり、個室の中は瑞希の香りでいっぱいになった。 そして――(こ、これが瑞希の……おっぱいなのか……!) シャツの下からは、地味目のスポブラが登場した。 ブラに包まれている瑞希の乳房は、成人女性とは比較にならない小ぶりなものだが、しかし想像していたよりも存外大きく、既に谷間ができている。 色白の膨らみが眩しかった。●●歳の、初々しすぎる少女の乳房。前人未到のバスト。瑞希が呼吸をするたびに、わずかに上下するお椀のような麗しき女体。「み、瑞希。瑞希のおっぱい……ああ……け、けっこう大きいんだね……」「そ、そうですか。……確かに、その。……クラスの女子の中ではけっこう大きいほうですけど。体育のときとか、動いたら揺れちゃいますし……」「そ、そうなんだ……」 バスケやバレーをやるたびに、ぷるぷると揺れる瑞希のバスト。 その光景を妄想すると、たまらなくなった。 見たい。揺れる瑞希の胸を見たい。 新一は再び唾を飲む。そして一度大きく呼吸をすると、瑞希のスポブラを外しにかかった。「あっ」 恥ずかしいのか、瑞希が声をあげる。色っぽい声だった。 ブラのホックを優しく外す。ゆっくりゆっくり、ずらしていく。 ――はみだすように、乳房が登場した。 ツンと上向きになっている、薄桃色の○さな乳首に、確かに動くと揺れそうな、立派に発育した張りのあるおっぱい。汗をかいているせいなのか、乳肌が綺麗に光っていた。★「…………」 新一はやがて、制服の上から、彼女の胸を揉みしだきはじめた。 弾力のある乳房の感触が、服の上からでもはっきりと分かる。「…………」 瑞希はこちらを、上目遣いでちらりと見つめると、「……先生、服越しじゃ嫌でしょう?」 それだけ言うと、セーラー服を脱ぎ去って、カッターシャツまでボタンを外し、スポーツブラまでそのまま外した。 乳房がそのまま露わになる。新一はたまらず、そのまま胸部にむしゃぶりついた。 ○さな乳首を、ぺろぺろと舐める。ちゅうちゅうと吸いつく。「あ、ああ……ああン……」「瑞希、気持ちいい?」「んんっ……気持ちいいです……。……先生、赤ちゃんみたいですよ。夢中になって私のおっぱいぺろぺろして……」「んんっ、だ、だって……可愛いから……瑞希のおっぱいが……」「ありがとうございます。じゃあ、ご褒美に先生のおちんちん、今度はソックスでしごいであげますね」 そう言うと瑞希は、履いていたソックスをするりと脱いで手に持った。 かと思うと、先ほどのハーフパンツのときと同様、ソックスで新一のペニスを包み、上下にこすり始めたのだ。「う、ああっ……!」「ふふっ、先生。先生って素手でされるのと、服とか靴下でされるのと、どっちがお好きなんですかね。……見たところ、服や靴下のほうが気持ちよさそうですけど」

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……

もっと見る

— Delivered by Feed43 service


美少女の言いなりになってセックス三昧になった僕 まぶしすぎる体操服と白ソックスに引き込まれ……
タグ セックス三昧体操服白ソックス美少女言いなり