ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ヒロインひとみのアルバイト先である定食屋のお客様から「料理に長い髪が入っている!」とクレームが入ります。その髪の毛は、50cmはある黒髪でそこの定食屋のスタッフで黒髪のロングヘアはひとみしかいません。普段から他のスタッフに嫉妬されていた奇麗な長い黒髪だけに、ここぞとばかりに先輩スタッフ3人に囲まれ土下座しろと責め立てられます。しかし、ひとみは定食屋のオーナーの親戚なので、店長ののぞみはとりあえず助けるフリをして、とある提案をします。「反省の意味を込めてその長い髪を短く切ってくれば、今回は許すことにしましょう」みんなに囲まれ、責め立てられていたひとみは、どうしようもなくその提案を受けるしかないとあきらめてしまい、長い髪を切ってくることを承諾してしまいます。その日の帰り、どこの美容院も終わっていたので仕方なく1,000円カットのお店に入り、肩の上まで切り揃えたおかっぱ頭に切られてしまいました。帰り道、夜遊びで遅くなった常連客のケントとバッタリであってしまい、いつもは明るく元気なひとみは恥ずかしくてうつむいて泣き出してしまいます。ケントはひとみの短くなった髪を見て驚き、泣きながら事情を説明するひとみを優しく慰めてくれました。しかし、翌日アルバイト先に出勤したひとみを見て先輩スタッフは、「なんだよその頭は!反省している頭じゃないだろう!!」とまたも責め立てられます。そう、ひとみはおかっぱ頭になっても可愛さがぜんぜん衰えてなかったのです。先輩スタッフ2人に両手を押さえられたひとみは、あかねに眉下まであった前髪を事務用ハサミで切られてしまいます。片方の横の髪も耳の上までバッサリ切られてしまいます。ひとみは先輩たちを振り払いトイレに駆け込み、鏡で切られた髪を見て泣き崩れてしまいます。騒ぎを聞きつけた店長は、とりあえず先輩スタッフ3人から事情を聞きます。3人は悪びれた様子もなく「ひとみが髪を整えて欲しいと言うから、髪を切っていたら手が滑った」と店長に告げます。放心して何も考えられないひとみは、ただ黙って店を出てしまいます。そこへ昨晩のことが気になってい様子を見に来たケントに遭遇します。ひとみのメチャクチャに切られた髪を見てケントは事情を聞こうと店の中に入ったケントはあかねたちの悪巧みに気づきます。そしてケントはあかねを見つけるなりあかねの茶髪の長い髪をワシ掴みにして、あかねの持っていたハサミを奪い、あかねの髪を根元からザックリ切り落としてしまいます。そして、切った髪を他のスタッフに見せつけ「今からすぐ、あとの2人もけじめの断髪をしてこい!」と凄みをきかせて睨みます。2人は慌てて店を飛び出していきました。店を飛び出した先輩2人を見て我に返ったひとみが不思議に思い店に入ってきました。そこにはケントの前で正座をさせられている、店長とあかねが泣きながらお互いの髪を切りあっていました。呆然としているひとみにケントが「あとの2人も今頃、美容院で断髪式だ。全部はあかねが仕組んだことだが、まわりもみんなあかねに加担した。まぁ同罪だ。警察に突き出すか?」青ざめる店長とあかね。その光景を見たひとみは。。。結末は作品でお楽しみください。

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂

ショートカットな上霧食堂