閉じる
同 人同人コミック

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

もっと見る

【内容紹介】 谷岡葵。 陸上部に所属している真面目な生徒で、その陸上の成績は極めて優秀。実業団さえ目をつけている期待のホープだった。「夢は、陸上の選手になることです」 地元マスコミのインタビューにも胸を張って答えるその姿は、夢と希望に満ち溢れていた。 ――そんな葵をつけ狙う鬼畜男、大野。 彼は前々から葵に目をつけていた。 サラサラの黒髪ショートに、真っ白な素肌。化粧っ気など微塵も感じさせないその顔立ちは、しかしこの上なく整っている。紛うことなきスポーツ美 少女の葵。そんな彼女の、ふとしたときに見せる真っ白なワキ。あるいは陸上部のユニフォームの間から見え隠れする胸チラやパンチラに、何度欲情したか知れ ない。 そんな大野に、あるチャンスが訪れる。葵を自由にできるチャンスが……。 夢に向かって邁進を続ける陸上少女は、中年男の魔手によって快楽の虜へと転落する!グロ、暴力等の描写はありません。【本文サンプル】(おおお……) 再び鼻息を荒くさせる。 目の前にあるのは、ずっと目をつけていた少女の、しかも陸上部のユニフォームを着たままの少女のワキなのだ。 再び、鼻を近付けてにおいをかいでみる。わずかに汗のにおいがした。 大野はもう、それだけで興奮してしまった。顔を近付けて、それから舌で、ぺろぺろと舐める。 わずかにしょっぱかった。汗臭さを感じた。 それでも大野は止まらない。(陸上部の女の子のワキ! 谷岡葵ちゃんのワキッ!) においを存分にかぎ、舐めまわし、指で触るのだ。 と、そのときだ。「んん……」 葵が声をあげたので、大野はびっくりして、さっと葵から離れた。「…………」 葵は、わずかに寝返りを打ったが、すぐにまた寝息を立て始めた。(あ、あぶねえ……) ワキを舐めまわしたせいで、くすぐったさを覚えたのかもしれないと思った。 ここで起きられてはたまらない。 大野は、葵を最後まで●すつもりだった。そうしなければせっかくの十万円が無駄になる。 ともあれ、ワキはひとまずもういい、と思った。(次は胸だ……) 葵のユニフォームに手を伸ばす。 お腹のあたりから、ユニフォームをそっとめくっていく。可愛らしいおへそが登場した。 そして、おへその上には真っ白な、清楚極まるスポーツブラが登場する。胸元は少しだけ膨らんでいた。 大野は、ごくりと生唾を飲み込んで、スポブラをぐいっと上に押し上げた。 ぷるん、と揺れながら、〇さなおっぱいがこぼれ出た。「おおおっ……」 思わず上ずった声が出てしまう。「こ、これが……スポーツをやっている女の子の、おっぱいなのか……!」 真っ白で、ツンと上向きになった、しかし小ぶりなバストに、大野は興奮を隠せない。 手を伸ばし、触ってみる。★「そんなことより、答えろよ。なんで大人ブラをつけないんだ」「……あの、クラスの子でもつけてる子はほとんどいないし、は、恥ずかしいから……まだ……大人ブラは、つけてません」 葵は恥ずかしがりながら答えた。「ふうん、恥ずかしいか。なるほどね。まあでもそのうち、いやでも大人ブラはつけなきゃいけなくなるけどね。葵ちゃん、これからもっとおっぱい大きくなっていくだろうし」「…………」「年齢的にも成長期だし。……それに、こうして男から触られていくだろうし」 そう言って、大野はまた葵の胸を揉みしだく。 気持ち固めのおっぱいは、若さに満ち溢れている。何度触っても飽きなかった。「……」 葵は、嫌そうに顔を背けている。 大野はニタニタ笑いつつ、さらに尋ねる。「葵ちゃん。このおっぱい、いままで何人に触られた?」「……触られてなんかいません。あ、あなたが初めてです」 やっぱり処女か! 大野は小躍りしたいほどの興奮を覚えた。恐らくそうだと思っていたが、これで百パーセント確定だ。 その事実はいっそう大野を発奮させた。★ 葵は、戸惑い気味にそちらをちらりと見て、小さくうなずいてから、また次の競技に向けてウォーミングアップに入る。 ――そんな光景を、競技場の片隅から見届けながら、大野は満足していた。(ひひひ、たまらん) 陸上部のアイドルを、つい数時間まで抱いていたという優越感。しかもその対象は少女だという背徳感。 さらに言うなら―― ぱんっ! 合図と共に、葵が走り出す。競技が始まったのだ。場内のトラックを駆け抜ける葵の姿は、ひいき目を抜きにしても美麗であった。 肉付きのいい両脚が、左右に激しく動く。規則正しい両腕の振りからは、彼女の日頃の練習態度の真面目さがうかがえた。 しかし大野は別の目で、彼女を見ている。 走っている葵の、下腹部のあたりをじっと見つめる。(葵ちゃんの子宮の中では、いま、俺のザーメンが泳いでいるんだぜ……) 生真面目に走る陸上少女の体内で、自分の精液がたぷたぷと波打っている。★「うう……うぅぅ……」 悲しすぎて、涙が出そうだった。本当に、どうしてこんなことになってしまったのか……。 ――だが。「うっ……」 葵は、ぴくんと肉体を弾ませた。 股間から、電流にも似た快感が走ったからだ。 それは、大野が少女のクリトリスを、柔らかくこすった感触だった。 コリコリ、コリコリ……。「んあ、あ、あン、あああっ……」 たまらない心地よさだった。いつもの数倍の快感が、全身を駆け抜ける。興奮剤を飲まされたというのは、嘘ではないようだった。「ほれほれ、葵ちゃん。ここをこうしてコリコリされると、気持ちがいいだろう」「んあっ、ああ、あン、ああン、うはァン……」 嫌だ、もう嫌だ、と思いつつも、身体は反応してしまう。トロリ、トロリと、女性器が愛液を垂らしてしまう。 あまりの気持ちよさに、葵はつい先ほどまで流しかけていた涙まで止めてしまい、白い喉から喘ぎ声を漏らすのだ。

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも

もっと見る

— Delivered by Feed43 service


陸上部少女レ●プ! 汗で湿ったユニフォーム、鍛えられたむっちりふともも
タグ むっちりふとももユニフォーム陸上部少女レ